Alopecia ~脱毛症の根治を目指す~

突然脱毛症になった!毎日ウィッグで奮闘したり、グルテンフリーに挑戦したりするお話

プライドが高い

わたし、プライド高いから、脱毛症になってみんなに心配されても、全然大丈夫って言ってた。

 

実際、おもいあたる直接の原因はなかった。メンタルを病んでるわけでもなかったし特に体に負担がかかるような生活をしていたつもりもなかった。

だから、いろいろ調べて、ただたんに免疫の異常という原因不明の症状が出ているんだとわかり、原因不明なら仕方ない、ウィッグかぶって髪が生えてくるのを待とう…という感じだった。

普通の人なら、髪が抜けたらとても慌てると思うけど、わたしは自分の髪のあまりの抜け方のひどさに、一週回って落ち着き払っていた。抜け始めて一週間目、まだ見た目には薄毛っぽくもなんともないころだったが、ピンときた。あ、これは、行くところまで行くな、と。で、同時にウィッグをかぶる腹も決まった。

今振り返っても、普通の人の神経じゃないような感じがする。普通はもっと慌てるし、病院に行ってきちんと薬を飲むと思うがそれもせず自然放置でここまで来た。もちろん、再発したらいやだなと思うし、いまだに髪の薄い箇所があって、落ち込むし、毎日抜け毛を見てはため息もでるけど…。

 

だけど、周りから見ると、「脱毛症=精神を病んでる」という固定観念があるらしく、すっごく心配された。まあわたしも、もし友達が似たような状況になったら、「ストレスか!?」と心配すると思う。「いや、特に思い当たる原因なくてさー」と言われれば、「じゃあ自覚がないくらい、相当のストレスを抱えてたんだろうね…」と返していたかもしれない。

でも、自分がそういわれる方の立場になって時々思ったのは、ほんとに大丈夫だって言ってんのに、なんでそれがわかんないの? そんなにわたしをメンヘラ扱いしたいの?ということだった。

どれだけ説明しようと試みても、「ほんとうはストレスでいっぱいなのに、それを認めようとしないプライドの高い人」になってしまう。説明するのめんどくさいし、わかってはもらえない。

病院に行かず薬ももらわない選択肢も、人によってはいら立ちさえ感じさせてしまうらしい。病気なんだったらきちんと病院いけよ。みたいな。どういう経緯や考えがあってそこに至ったか、知ろうとしないし、病院行かない選択肢に対して、怒りをぶつけられるのはほんとうにわからん。私の決定で、あなたに何か迷惑かけとるんか??