Alopecia ~脱毛症の根治を目指す~

突然脱毛症になった!毎日ウィッグで奮闘したり、グルテンフリーに挑戦したりするお話

体質から変えて脱毛症を治したい!

前の記事でも書いたけど、今は病院に通っていない。

 

mariepeco.hatenadiary.jp

 

通った病院は2件ほど、通った回数はそれぞれ2-3回。

ちょっと諦めが早すぎか?とも思ったけど、いろいろ自分でリサーチもしたし、これ以上現代の医学は脱毛症に対して何もしてくれないと思ったし、ならその医療費をウィッグの費用に回そうと思った。

いろんな考え方があると思うけど、私の場合はこれが合ってたと思う。

 

で、ほっといたらどうなったかっていうと、生えてきた。 (※あくまで私の場合。こういうケースもあるんだなくらいに思ってほしい)

すっかり生えそろって、小学生の男の子みたいになった。このままいけば半年後にはウィッグはずせるかな?って思ってた。

 

でも3か月くらいしたらまた大量に抜け始めた。多分このままいくとまたすぐハゲる。

まあでも再発はかなり多いと聞いてたから、その辺は覚悟してた。思ったより再発の時期が早かったけど(涙)。

 

で、ここで思った。

やっぱりきっちり体質変えないと、また再発するな…って。

 

原因が免疫機能の異常なら、免疫の機能を整えてあげればいい、ということになる。

脱毛症は精神疾患じゃなくて免疫の病気だから、免疫をどうにかしなきゃいけないんだ。 

でも調べれば調べるほど、免疫ってとても複雑。絶妙なバランスで成り立ってるんだよね。それがあるときなにかのきっかけでバランスを崩すと、症状が現れる。

中国の漢方の考え方だと、時間をかけてゆっくり体質を変えていくっていう感じなんだけど、それに近いかな。食事とか生活習慣とかに気をつけたりね。

 

(ただ、自己免疫疾患には、難病指定されているような難しい病気もたくさんあり、そういう病気ってやっぱりなかなか完治は難しいみたい。脱毛症がどのくらい難しい病気なのかよくわからないけど、もしかしたらそんな単純に完治するようなものではないのかも、とも思っている。実際にいろんな人の脱毛症体験談を読んでると、みなかなりの確率で再発しているので、その治療の難しさがうかがえる…。)

 

今のところ脱毛症の特効薬はないけど…。

でも、同じような自己免疫疾患やアレルギーで、例えばアトピーや花粉症を完治しようと思ったら、ただ薬を塗ったり飲んだりするんじゃなくて、その体質を改善させるアプローチをとる人が多いと思う。

その考え方で行くと、脱毛症の場合も、体質から変える必要があるんじゃないかと思ったのだ。

 

 

今心がけてるのは、

①早寝早起 (11時までにベッドに入るのが目標) 

グルテンフリー

③砂糖の入ってる甘いものをやめる

④玄米、プルーンを食べる(便通の改善を期待)

くらいかな。

ほんとは⑤運動も加えたい。でもなかなか続かない…。まずは上記の4つを定着させようと思う。

別の記事に書きたいと思っているが、個人的には②グルテンフリーと③砂糖断ちに効果があるのではないかと思ってる。たとえ脱毛症の改善がそれで見られなかったとしても、絶対に体にいいと思う。ほかの不定愁訴の改善や、メンタルの安定など、いろいろな副産物が得られそう。

 

mariepeco.hatenadiary.jp

 

mariepeco.hatenadiary.jp

 

 

 

あまりきっちりやると大変すぎるので、明らかな小麦製品は避け、しょうゆとかはOKとする、はちみつはOKとするなど、多少ゆるめに設定してる。

おとといくらいから始めたばかりなので、また経過をそのうち記事にしたいと思う…。