Alopecia ~脱毛症の根治を目指す~

突然脱毛症になった!毎日ウィッグで奮闘したり、グルテンフリーに挑戦したりするお話

人工毛ウィッグのチリチリを直す方法

人工毛のウィッグは、使っているうちに毛先がチリチリしてきてしまいます。

耐熱性の人工毛の場合は、アイロンで伸ばすことができます。(メーカーや製品によって、人工毛でも耐熱でないものもあるので、よく確認してください)。

 

では、わたくしのウィッグのひどいチリチリをご覧ください。

 

 

 

 

f:id:mariepeco:20191104214929j:plain

 

 

う、うわ、きったな…!!

汚くてすいません!!

 

でも実際は、これは襟足のすごく内側の、いちばん摩擦が起きやすい部分だから、ウィッグをかぶってると全然目立たないんだけどね…汗汗

 

 

えーとでは、伸ばしていきたいと思います。

 

その前に、一度シャンプーして、ほこりや皮脂などを取っておきましょう。

 

ポイントは、

①低温で

②少量ずつ

③ゆっくり

です。

 

 

①アイロンは、低温でやっていきましょう。

これはリネアストリアの人工毛で、180度までOKなのですが、いちおう130度くらいでやってます。それでも十分伸びるので。

あと、やはりあまり高温だと毛が傷みます。

 

普通に、コテではさんでいきます。

 

②あまり多くはさみすぎると、熱が均一に伝わらないので、わたしはちょこっとずつ、画像くらいの量でやってます。

めんどうですが、ブロッキングするとさらにいいと思います。

 

f:id:mariepeco:20191104214931j:plain

 

わたしはストレートアイロンじゃなくてコテなので、こんな風に、まっすぐではなく少しカールがついてます。

 

 ③ゆっくり熱を加えてのばしていきましょう。

人工毛の場合、熱を加えると少し柔らかくなって伸びます。

そして、冷めていくときに形が決まりますので、作りたい形を保ったまま冷ますのがコツです。

 

つまり、ストレートにしたいなら、熱を加えてからまっすぐの状態で冷ます。

カールにしたいなら、あっつい状態でカールをキープしたまま冷ます。

 

カールする方法については、また追記するか別の記事にしますね!