Alopecia ~脱毛症の根治を目指す~

突然脱毛症になった!毎日ウィッグで奮闘したり、グルテンフリーに挑戦したりするお話

グルテンはなんで体に悪いの? ~脱毛症以外にどんな害があるか~

どうして、小麦という古来から人類が食べてきた身近な食物が、体に悪い食べ物とされているのか?

それについては、こちらの記事で書いてます。

 グルテンが脱毛症の原因になってる可能性があるのはなぜか、も書いてます。よかったら読んでください。

mariepeco.hatenadiary.jp

 

今日は、改めて、グルテンを食べると、脱毛症以外にどんな症状が出るのかを書いてみたいと思います。

こういうのをたびたび思い起こさないと、ついうっかり誘惑に負けちゃいそうになるんだよね。そういうときでも、これを頭の片隅に入れておくと、やっぱりやめよう!って思えるんだ。

 

①ブレインフォグ

脳に霧がかかったような感覚に陥る。つまりぼーっとして集中できない、うつろな状態。

わたし、学生のころからちょくちょくこういう症状があった。このせいで、人との会話もままならないときもあった。ぼーっとして、まさに、「脳に霧がかかったみたいな感じがするなあ…」ってよく思ってたのだ。ブレインフォグという、そのまんまなネーミングの症状だと知ったのは最近になってからだ。ちなみに、グルテンを避けると頭スッキリするよ、ほんとに。

②おなかを壊す

おなかを壊すまでいかなくても、膨満感や、ガスがたくさん出るという人もいる。

グルテンをやめると、下痢体質だった人は下痢が止まり、便秘だった人はお通じがよくなる。

③皮膚疾患

アトピーや、湿疹、じんましんなど。わたしはアトピーはないが、じんましんはよく出てた。体中みみずばれになるの。夜寝るころになると全身真っ赤になって、それでよく眠れなくなってた。

④花粉症

これも、グルテンをやめて改善する人は多い。

⑤精神が不安定になる

精製された小麦粉は特に、血糖値を乱降下させる。その影響で、人のメンタルもアップダウンが激しくなる。

これは、精製された白砂糖も同じで、血糖値の異常な急上昇と急降下を引き起こすため、イライラしたり落ち込んだり、無気力になったりといった精神症状につながる。

実際、学校で問題ばかり起こしているいわゆる「切れやすい」子供や、ADHDなどを抱えている子供に砂糖抜いた食事を指導すると、わずか2週間ほどで、症状が劇的に改善されたという報告例がたくさんある。

グルテンフリーの効果を書いた体験記事とかを読み漁ったが、大勢の人が、メンタルが安定したということを書いていた。以前グルテンフリーを試した時も、実は同じ効果を感じた。

メンタルが弱いのは、その人が弱いんじゃなくて、もしかしたら食事のせいによるところも大きいかもしれない。

⑥生理痛がひどくなる

 これもよく言われてるグルテンの弊害。

わたしはもともと生理痛ひどめ。じわじわと、ロキソニンを飲む量も増えてる。

実は、ロキソニンなどの痛み止めも、脱毛症の原因になるという説がある。

けどわたし、ロキソニンないと死んじゃうんだけどな…。そんで、イブとかバファリンだと、気持ち悪くなっちゃうんだ。痛み止めないと、仕事もできないし、何もできない。家で脂汗をたらしながらのたうちまわるしかない。

痛い方をとるか、禿げるほうをとるか。究極の選択すぎて泣くわ。

グルテンや砂糖をやめることで、生理痛が改善することを切に願う。

(※追記: タイレノールなら、ロキソニンなどに使われている成分が入っていないので、脱毛症を引き起こさないという情報を得た…。いつか検証してみたいと思う。)

⑦体が冷える

⑧肌が汚くなる

吹き出物が出たり、肌が黄ばんだりする。グルテンをやめると、肌がピンク色に戻ってびっくりする。普段どんだけ黄色かったの自分って思う。

これも一つは老化現象なんだろうな…。年をとるにつれて、だんだんとこういうのが肌に溜まりやすくなるのかも…。

グルテンは皮膚の炎症を引き起こすらしい。