Alopecia ~脱毛症の根治を目指す~

突然脱毛症になった!毎日ウィッグで奮闘したり、グルテンフリーに挑戦したりするお話

病状の記録をとることと、最近の抜け毛の量

たぶん、ここ数日は確実に一日トータルで100本以上は抜けている。やだなぁ。

 

「100本以上抜けるのは当たり前だから大丈夫」説はあるが、あれはそこまで真に受けていない。

もともと抜け毛が多い体質の方で、それが普通っていう人はたくさんいると思う。

でも私の場合は、一度ほぼすべての髪が抜けて、回復したあとに、急に抜け毛が増えているので、やはりなんかおかしいよなと思う。

一日で抜ける本数よりも、全体的にボリュームが減ったとか、触るたびに何本も抜けるとか、シャンプーすると80本くらい抜ける、ていう、抜け方の変化はやはり着目すべきだと思う。

100本以上抜けるのは、私にとっては十分異常事態。

 

わたしはめちゃくちゃ落ち込んでるわけではなくて、冷静に現状分析していて、これもけっこう必要なことだと思う。

スマホに定期的に髪の写真を撮って保存しているのだが、これが病状の変化を把握するのに役立っている。ブログにも記録を残しているので、この時期に抜け毛が増えた、この時は調子が良かった、とかがいろいろ分かる。

それから、たまに髪をかきあげて地肌が見えるとすごく心配になるのだが、以前の写真を見てみると、地肌の見え具合はあまり変わらないことに気づいて、実はそんなに心配するほどでもないか、と少し楽観的になれたりする。

逆に、頭頂部はあまり抜けてないから大丈夫と思ってたのに、よーく見てみると、髪の密度が若干低くなっていることに、写真を比較することで気づいたりする。もう少し注意して経過観察して、もし頭頂部も危ない兆しがあったら、頭頂部にも鍼を打ってもらおうと思ってる。

 

人によっては、自分の髪の毛を見るのもいやっていう方もいらっしゃるとは思う。

 

最近の抜け毛の量は、日に日に増えていくばかり。

7月に入るころからだから、かれこれ2か月くらい、抜け毛が少しずつ少しずつ増えていってる。

まだ、見た目にはそこまで響いてない。髪をかきあげたときに、こめかみのあたりが薄くて、M字ハゲに近い形になっているのが、観察力のある人が見たらわかるかもしれない。

それから、全体のボリュームは確かに減っていて、毛の密度が全体的に低くなっている。

ウィッグをかぶるほどではないけど、ため息は出る。